Office for mac 2011 を macOS High Sierra でライセンス認証(2018年10月)

Mac で Microsoft Office を使う必要がありましたので、macOS High Sierra に Office for Mac 2011 をインストールして、ライセンス認証をしてみました。
High Sierra にインストールは可能ですが、”ライセンス認証サーバーが一時的に利用不可のため、ライセンス認証を正常に終了できませんでした。” と表示されライセンス認証できない状態です。

Office for Mac 2011 のサポートは2017年10月10日に終了しているので、ライセンス認証サーバー / アップデートのための更新サーバーともに停止しているようです。結果的に、電話(フリーダイヤル)による認証で、ライセンス認証でき問題ありませんでした。
動作については、macOS High Sierra (2017年9月26日リリース)は対象外ですが、Microsoft Office の書類を表示するだけなら問題はなさそうです。

以下、Office for Mac 2011 のダウンロード方法と流れやインストールファイルの場所をまとめてみました。
フォントが大量にインストールされて、macOS のデフォルトのフォントが一部無効にされるのは面倒ですね。

Office for Mac 2011 のダウンロード方法

購入したパッケージ版の CD からインストールすると色々とアップデータを当てるのは面倒かと思い、最終ビルドを探したところ、以下のマイクロソフトのコミュニティに最終ビルド 14.7.7 のインストーラー(容量1.2GB)がダウンロードできるURLの記載がありました。

Office Mac – マイクロソフト コミュニティ

https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=273962

上記の URL をクリックするとダウンロードが開始されます。
ダウンロードされたファイル名は、MicrosoftOffice2011.dmg でした。

Office for Mac 2011 別のダウンロード方法

2018年10月14日現在、Microsoft の公式ウェブサイトでも Office for Mac 2011 のインストーラー(ビルド 14.5.2)、ビルド 14.7.7 へのアップデータはダウンロード可能です。

Office for Mac 2011 インストーラー ダウンロード
Office for Mac 2011 インストーラー ダウンロード

以前のバージョンの Office をダウンロードする にアクセスして、25文字のプロダクトキーを入力し認証。
認証後にメニューから製品の言語を選択すると、ダウンロードのリンクが表示されますので、クリックして、ダウンロードを開始します。

ダウンロードしたインストーラーの中身を確認したところ、ビルドは 14.5.2 のようなので、以下のアップデータで最終ビルドの 14.7.7 にアップデートできます。
Download Microsoft Office for Mac 2011 14.7.7 更新プログラム from Official Microsoft Download Center

Office for Mac 2011 のインストール手順

ダウンロードしたファイル(dmg)をダブルクリックして開き、インストールを開始します。

Office for Mac 2011 インストーラー
Office for Mac 2011 インストーラー

そのまま画面の指示に従ってインストールを進めていけば問題はないかと思いますが、メールアプリの Outlook や他言語の校正ツール、Automator アクションなど不要なアプリやファイルは「インストールの種類」で「カスタマイズ」を選ぶことで、省くことが可能です。

Office for Mac 2011 インストールの種類
Office for Mac 2011 インストールの種類
Office for Mac 2011 カスタムインストール
Office for Mac 2011 カスタムインストール

「インストール」ボタンをクリック後、”インストールは成功しました” と表示されれば、インストールは完了です。「閉じる」ボタンをクリックします。

Office for Mac 2011 インストール完了
Office for Mac 2011 インストール完了

Office for Mac 2011 のライセンス認証

Office for Mac 2011 へようこそ
Office for Mac 2011 へようこそ

“Microsoft Office:Mac 2011 へようこそ” の画面が表示されたら、「購入したプロダクト キーを入力する」メニューを選択します。※ インストール画面で「閉じる」ボタンをクリック後に自動でこの画面が表示されたか Excel などアプリを立ち上げる際かは失念しました。m(_ _)m

Office for Mac 2011 プロダクトキー入力画面
Office for Mac 2011 プロダクトキー入力画面

25 文字のプロダクトキーを入力しても “ライセンス認証サーバーが一時的に利用不可のため、ライセンス認証を正常に終了できませんでした。” と表示され、ライセンス認証をすることができませんでした。

Office for Mac 2011 ライセンス認証が正常に終了せず
Office for Mac 2011 ライセンス認証が正常に終了せず

ここで、「電話で認証する」を選択すると以下の電話番号の案内が表示されます。

Microsoft 電話によるライセンス認証
Microsoft 電話によるライセンス認証

フリーダイアルに電話しました。
アナウンスの指示に従って、入力すれば問題はありませんでしたが、「ステップ 2」の 6 桁の数字が 9 つをアナウンスに従い入力、「ステップ 3」で 6 桁の数字を 8 つ教えてくれるので、聞きながらステップ 3 に入力と、10 分ほどかかりました。
入力後に「ライセンス認証」ボタンをクリックして完了です。

Office for Mac 2011 ライセンス認証完了
Office for Mac 2011 ライセンス認証完了

macOS High Sierra での 32 ビットのアプリのアラート

macOS High Sierra 32 ビット App のアラート
64ビット対応を済ませていない Appを開くと出るアラート

上記のアラートが表示される理由は以下になります。

32 ビット App と macOS High Sierra 10.13.4 以降の互換性 – Apple サポート

デベロッパの皆様に App の 64 ビット対応を進めていただく中、Apple では、32 ビットテクノロジをベースとした App をお使いのお客様への通知に努めています。この通知は、32 ビットの App を起動したときに 1 回だけ警告を表示する形で行っています。macOS Mojave では、30 日おきに一度、App の起動時にこの警告を表示します。

macOS High Sierra では、32 ビットのアプリに対応しているので問題はありませんが、64 ビット対応を済ませていないアプリを開くと、1 回だけ警告が表示されます。

Office for Mac 2011 のフォントについて

フォントは、/Users/ユーザ名/Library/Fonts/ でフォルダを作成して管理しているので、勝手にインストールされたりアップデートされるのは困るので、 /Library/Fonts/ のフォントをバックアップして、Office for Mac 2011 をインストール後にフォントを入れ替えていましたが、以下のウェブサイトで詳しく掲載されています。

Installed files list for Office 2011 | OfficeforMacHelp.com

フォントは、以下のディレクトリにインストールされます。

/Library/Fonts/Microsoft/

無効化されたフォントのディレクトリとフォント一覧です。

/Library/Fonts Disabled/
  • Arial Bold Italic.ttf
  • Arial Bold.ttf
  • Arial Italic.ttf
  • Arial.ttf
  • Brush Script.ttf
  • Times New Roman Bold Italic.ttf
  • Times New Roman Bold.ttf
  • Times New Roman Italic.ttf
  • Times New Roman.ttf
  • Verdana Bold Italic.ttf
  • Verdana Bold.ttf
  • Verdana Italic.ttf
  • Verdana.ttf
  • Wingdings 2.ttf
  • Wingdings 3.ttf
  • Wingdings.ttf

以下のフォントは、OSのデフォルトのフォントと重複します。

  • Andale Mono
  • Arial Black
  • Arial Narrow
  • Arial Rounded Bold
  • Comic Sans MS
  • Georgia
  • Impact
  • Tahoma
  • Trebuchet MS

ちなみに、Office for Mac 2011 でインストールされるファイル一覧です。
Installed files list for Office 2011 | OfficeforMacHelp.com

買い切りの Office for Mac 2011 の後継 Office 2016 for Mac (Amazonへ遷移します) は、High Sierra, Mojave ともに対応しているようですね。
macOS 10.14 Mojave 向けの Microsoft Office のサポート – Office サポート

古いアプリの情報でしたが、ご参考になれば幸いです。

MOST READ 昨日のアクセス数ランキング

コメントを残す

※コメントの書き込みは日本国内からのアクセスに制限しております。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です