Mac の特定のアプリのみ表示言語を英語に変更する

macOS のシステム言語は日本語のままで、特定のアプリのみメニューなどで表示される日本語を英語表記に変更する方法です。言語変更アプリの Language Switcher でも可能かと思いますが、ターミナルからアプリの設定を編集する方法を記事にしました。

※ Language Switcher の最終アップデートが2011年と古いので、macOS High Sierra で正常に動作するか未確認です。
※以下で記載の方法では、Spotify のアプリでもメニューなどインターフェイスは英語表記になりますが、アーティスト名などは日本語(カタカナ)のままで変更できません。変更するには Spotify(スポティファイ)のアーティスト名のカタカナを英語に変更 を参照してください。

はじめに

今回使用するアプリは、ターミナル.app で、編集するファイルは、アプリの設定ファイルになります。
ターミナルで defaults コマンドを実行して、アプリの設定を書き換えて英語表記に変更します。

ターミナル.app の場所

アプリケーションのユーティリティの中にあります。

/Applications/Utilities/Terminal.app

アプリの設定ファイルの場所

システムファイルを編集するので、念のため設定ファイルをバックアップしてから実行してください。

Finder を開いた状態で、Finder のメニューから 移動 -> フォルダへ移動 でフォルダの場所を入力する画面が表示されるので、以下のディレクトリを貼り付けて移動します。

~/Library/Preferences/

アプリの設定ファイルの拡張子は、plist です。

以下は、参考までに Safari、Transmit、Spotify、Virtualbox アプリの設定ファイルです。
多くのアプリの命名規則は、”ドメイン” . “会社名/開発者名” . “アプリ名” .plist となっているようですが、Virtualboxのようなタイプもあるようですね。

com.apple.Safari.plist
com.panic.Transmit.plist
com.spotify.client.plist
org.virtualbox.app.VirtualBox.plist

defaults write コマンドで言語を英語に変更

defaults コマンドを使って、設定ファイルを編集します。
defaults コマンドは、Mac アプリの各種設定の設定値(デフォルト値)を変更するコマンドです。
アプリのメニューから辿れる環境設定で色々と変更できますが、defaults コマンドでは、環境設定に表示されていない項目(隠し機能)を編集することが可能です。

アプリの設定ファイルに言語の指定をするために、defaults コマンドの write を使って、AppleLanguages という項目を追加し、さらに追加した項目に値 en-US を追加します。

defaults write アプリの設定ファイル名(拡張子無し) 追加する項目 といった構成になり、以下のコマンドになります。

defaults write アプリの設定ファイル名(拡張子無し) AppleLanguages '("en-US")'

上記のコマンドの アプリの設定ファイル名(拡張子無し) を英語表記にしたいアプリの設定ファイル名に変更して、ターミナル.app に貼り付けて実行(リターンキー)すると、メニューなどユーザーインターフェイス(UI)が英語になります。実行する前に、言語を変更するアプリは終了しておいてください。

参考までに、Mac のユーティリティーアプリの PopClip for Mac の日本語表記を英語に変更する例です。

defaults write com.pilotmoon.popclip AppleLanguages '("en-US")'
PopClip のメニューを英語表記に
微妙ですが、PopClip の「コピー」が「Copy」に

英語から日本語表記に戻す

defaults write コマンドで追加した項目 AppleLanguages を削除するには、defaults delete コマンドを使用します。

defaults delete com.pilotmoon.popclip AppleLanguages

defaults read コマンドで設定を確認する

Xcode で確認する方が見やすいですが、参考までにターミナル.app でも defaults read コマンドで確認することができます。

defaults read com.pilotmoon.popclip

ターミナル.app で実行すると、英語表記に変更するために追加した項目 AppleLanguages と値 en-US が表示されているはずです。

AppleLanguages = (
    "en-US"
);

雑記

需要があまりないかもしれませんが、

一度だけ英語表記でアプリを開きたい場合

open -n -a アプリ名 --args -AppleLanguages '("en-US")'

日本語環境で、日付を英語表記に

Sierra まで、システム環境設定...言語と地域 -> 詳細... から 書式の言語 で変更が可能でしたが、High Sierra では項目が無くなっています。
Set English language in other regions – Apple Community から以下のコマンドで変更できました。

defaults write ~/Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleLocale en_JP

コマンドを実行後、システム環境設定...言語と地域 -> 地域:日本 の項目が、日本 - 英語 になって、詳細... -> 日付 が英語表記になっていれば成功です。

MOST READ 昨日のアクセス数ランキング

コメントを残す

※コメントの書き込みは日本国内からのアクセスに制限しております。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です