MacBook Air専用USB Super Drive (MB397G/A)をMBP (El Capitan)で動かしてみました

2016年3月23日

MacBook Pro(15インチ 2011 Early)で、レンタルしたDVDが読み込めなくなりました。
内蔵DVDドライブの劣化もありますがデータや音楽CDは大丈夫なので、レンタルDVDの傷や貼ってあるシールが原因かなと思います。PC用のDVDドライブはセンシティブですね😉

DVDやCDを認識しない場合

以下の方法で改善することがあります。

MacBook Air SuperDrive MB397G/A

今回は、レンズクリーナーでも無理でしたので、MacBook Air専用の外付けDVDドライブをMacBook Pro(El capitan バージョン10.11.3)で認識できるようにしてみました。
※MacBook Air専用の外付けDVDドライブ(USB Super Drive)の型番は、「MB397G/A」で2008年に購入したものです。

参考にしたサイト

HT201295 Superdrive not working with El Capitan
How to Disable System Integrity Protection (rootless) in OS X El Capitan

MacBook Air専用なのでガチッとチップで制御していると思っていましたが、以外とアナログな手法でした😃
OSが起動する際に参照するテキストファイルに少し手を加えるだけです。

ただEl Capitanからセキュリティ強化のため、SIP(System Integrity Protection / システム整合性保護)が導入されルートアカウントでもシステムファイルを変更することができなったため、SIPを無効にすることから始めます。
Mac のシステム整合性保護について

SIPで保護されている状態を解除し、システムファイルを変更することになりますので、ご注意ください。また、起動時に読み込むファイルを変更するため、最悪の場合Macが起動しなくなる恐れがあります。

SIP(システム整合性保護)を無効にする

リカバリーモードから起動し、ターミナルでSIPを無効にします。

リカバリーモードで起動

「command + R」キーを押したまま電源を入れ、Appleロゴが表示された後に離します。

ターミナルから操作

起動後に画面上部にあるメニュー(ユーティリティ -> ターミナル)からターミナルを起動し、以下のコマンドを実行。

csrutil disable
OSX レカバリーモード ターミナル

OSX レカバリーモード ターミナル SIPを無効

上記のように成功したら、SIPの変更を有効にするため画面上部のメニューからOSを再起動します。

El capitanで com.apple.Boot.plist の変更

OSが立ち上がったら com.apple.Boot.plist を編集します。

com.apple.Boot.plist の場所

画面上部のFinderの「移動」->「フォルダへ移動」を選択し、以下のパスを入力します。

/Library/Preferences/SystemConfiguration/

com.apple.Boot.plist を変更

念のためバックアップを取り、デスクトップにコピーしたcom.apple.Boot.plistを編集します。
com.apple.Boot.plistの中身は以下になっていました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>Kernel Flags</key>
    <string></string>
</dict>
</plist>

変更箇所は、stringタグの間に以下を追加するのみです。

mbasd=1

MacBook Air Special Diskの略でしょうか :)
以下が追加した内容になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>Kernel Flags</key>
    <string>mbasd=1</string>
</dict>
</plist>

com.apple.Boot.plist を上書きして再びリカバリーモードで再起動します。

再びリカバリーモードで起動してSIPを有効に

標準の状態に戻すため、リカバリーモードで起動してターミナルで以下を入力します。

csrutil enable

成功したら、画面上部のメニューからOSを再起動して一連の流れは終了です!

Apple USB SuperDrive MB397G/A

Apple USB SuperDrive MB397G/A

※DVDドライブのリージョン設定が出てきて一瞬焦りましたが、日本のリージョンコード「2」に変更して無事に完了です。
DVD プレーヤー:DVD-Video リージョンについて

SIPの有効か無効の確認方法

ターミナルで以下を実行すると確認することが可能です。

csrutil status

最後に

全巻まとめて借りたゲーム・オブ・スローンズのシーズン4 全10話が見られて良かったです!4月からスターチャンネルのオンデマンドでシーズン4を一挙に放送するのですが、待てなくて…。