本日の珈琲 ブルンジ・ガハヘ

2015年7月13日

今回はブルンジ共和国のブルンジ・ガハヘ。ブルンジ共和国と聞いてイメージが湧かなかったですが、多数派のフツ族と少数派のツチ族の衝突は日本でもニュースになりました。悲しい歴史がある国です。

珈琲情報

Coffee
Brand ブルンジ・ガハヘ
Location ブルンジ共和国 カヤンザ県
Coffee Tree ブルボン種
Process Method ウォシュド
Roast 浅煎り
Brew method ドリップ
Rating ★★★★☆
Notes 酸味がキツくなく、まろやかでモカの甘みを味わえるマイルドコーヒー。

ブルンジ共和国の地域情報(Republic of Burundi)

1962年にベルギーから独立。
中部アフリカの内陸に位置する国で、アフリカでの中でも経済発展が遅れている国の一つ。
主要産業は農業で、就業人口の9割がコーヒー豆の栽培で生計を立てている。
国土の多くが標高2000メートル程度の高原で、気候は熱帯に属するが、比較的涼しい。
ブルンジ共和国 Wikipedia より抜粋
※外務省のブルンジ共和国情報

農園の場所

おおよその場所(カヤンザ県, ntara ya Kayanza)