本日の珈琲 ブラジル ドゥアスポンチス農園

2015年2月8日

珈琲情報

Coffee
Brand ブラジル・ドゥアスポンチス農園
Location ブラジル連邦共和国ミナスジェライス州パトロシニオ
Coffee Tree ムンドノーボ種(アラビカ種の一種でブルボン種とスマトラ種の自然交配)
Process Method ウォッシュド
Roast 中煎り
Brew method ドリップ
Rating ★★★★★
Notes 定番。ブラジルならではの味でサンタカタリーナ農園と比較して後味の甘さが少なく飲みやすい

農園のある地域情報(Estado de Minas Gerais)

ミナスジェライス州
※サンタカタリーナ農園も同じ州にあり。

1693年に金が発見されたことから、以降ダイアモンドなどの鉱山の開発が進み、「宝石の鉱山」と呼ばれるようになってこれが州名となる。現在も、インペリアルトパーズ、紅水晶などの宝石の産出地として知られている。また、鉄鉱石の産地イタビラ(英語版)やサミトリ(ポルトガル語: Samitri)があり、世界屈指の資源メーカーであるヴァーレ(旧リオドセ)社の工場があるほか、豊富な森林資源を背景にした世界第3位のパルプ専業メーカーであるセニブラ社の工場、社有林も存在する。

農園オーナー情報

アントニオ・ジョゼ・デ・カストロ / Antonio Jose de Castro

1973年に最初の農場が買えるまで、色々な仕事をしました。そこで、小さなコーヒー園からコーヒー生産者としてスタートしました。

農園の場所

おおよその場所