イースタン・プロミス Eastern Promises

2008年7月1日

大好きなデビッド・クローネンバーグ監督の最新作「イースタン・プロミス」を見てきました。

冒頭からいきなりアレで、映画全体に漂う独特のぬめっとした空気感がありながら最後までハラハラしっぱなし。
ヴィゴ・モーテンセン(前作のヒストリー・オブ・バイオレンスでも主演)とヴァンサン・カッセルはいい演技をしていたけど、ナオミ・ワッツの存在感があまり感じられなく残念。
続編があるような終わり方が気になるところ。

●スタッフ&キャスト
監督:デビッド・クローネンバーグ
脚本:スティーブ・ナイト
音楽:ハワード・ショア
出演:ヴィゴ・モーテンセン, ヴァンサン・カッセル, ナオミ・ワッツ

一つ前の記事(Previous)
ニッポン応援団長の佐々木宏展(at ggg)


HOME

次の新しい記事(Next)
ありがとう さようなら