TRACKBACKについて

2004年1月27日

右メニューに「RECENT TRACKBACK」を表示

<MTPings lastn="10">
<a href="<$MTPingURL$>" target="_blank"><$MTPingTitle$></a>
<$MTPingBlogName$> at <$MTPingDate format="%Y.%m.%d"$>
</MTPings>

この方法だと、どのEntryにTRACKBACKがあったか分からないのが難点。
確かPluginであったような…。

Individual Entry Archiveでは、COMMENTは表示されますが、「TRACKBACK」はデフォルトではポップアップ画面でしか表示されないので、ポップアップを開かないで、同じ画面内に「TRACKBACK」を表示 ※

<MTEntryIfAllowPings>
<MTPings>
<a href="<$MTPingURL$>" target="_blank"><$MTPingTitle$></a><br />
<$MTPingExcerpt$></a><br />
Tracked by <$MTPingBlogName$> at <$MTPingDate format="%Y.%m.%d"$>
</MTPings>
</MTEntryIfAllowPings>

上記と同様に、ポップアップ画面を開かないようにして、同じ画面にTRACKBACKのURLを表示する仕様に変更 ※

<$MTEntryTrackbackLink$>

※表示例は、このエントリーの下にある「This Enrty’s Permalink」をクリックしてください。

一つ前の記事(Previous)
ディスクの最適化について(Apple TIL)


HOME

次の新しい記事(Next)
NIRO