ADSL利用、全体の41.7%に

2004年1月4日

日経 ITビジネス&ニュース

総務省がまとめた電気通信モニター調査によると、高速通信が可能な「非対称デジタル加入者線(ADSL)」を使ってインターネットに接続する利用者が昨年9月に全体の41.7%に達した。固定電話回線を使って利用ごとに接続する「ダイヤルアップ」の35.0%を上回った。光ファイバーによる接続も4.0%を占め、高速ネット接続の普及が裏付けられた。

とうとう、ダイヤルアップを上回りましたね。
ブロードバンド(ADSL/光)のさらなる普及にはキラーコンテンツが必要ですね。
個人的にブロードバンドで恩恵を受けてるのは、インターネットラジオ/ファイルのダウンロード/映画のTrailar視聴などしかないのが実情。パソコンの前に座らないとブロードバンドの恩恵を受けられない内は、それほどメリットは無いでしょう…。

一つ前の記事(Previous)
Greetings for the new year


HOME

次の新しい記事(Next)
Movable Type Auto link URLs